染色体による遺伝との因果関係の情報ページ

染色体による遺伝との因果関係

染色体による遺伝

ドイツの大学のある研究チームがハゲと遺伝の研究結果を発表しています。

 

それによると、40歳までに薄毛になった男性の家系の血液調査を行ったところ、X染色体に存在する男性ホルモンの遺伝子に何かの異変が見つかったそうなのです。

 

母親から受け継いだX染色体の男性ホルモンの突然変異が、生まれてくる男の子のハゲの大きな原因になっている、ということがこの研究結果で分かったのです。

 

あくまでもドイツで行われた実験結果ですので、これが日本人にも当てはまるのかは分かりませんが、母方の祖父がハゲていれば隔世遺伝でかなり高い確率で子供はハゲるということです。

 

父方よりも母方のおじちゃんやその兄弟親戚がハゲている場合には、かなり注意が必要です。

 

ただハゲの遺伝子を受け継いだからと言って100%ハゲるわけでありません。

 

ハゲる体質を遺伝している、ということです。

 

食生活や生活習慣を見直すことで充分にハゲを回避することも可能なのです。

ハゲは遺伝すると言われています。昔からハゲと遺伝の関係はかなり話題になりますえね。うちは先祖代々、ハゲが多いので自分もハゲるだろう、とか、母...

近年、注目されている健康に良い成分として酵素があります。酵素とは人間が生きていくには必要不可欠なもので、体内には数千を超える酵素があると言わ...

抜け毛が増えてきたと言うことで、悩んでいる女性も多いようですね。抜け毛が増えてしまう原因としては、様々なものが考えられるのですが、大きなもの...

育毛剤とは育毛を施す際に使う薬剤です。主に男性が頭皮に使用し、減少した髪の毛を取り戻すために利用されます。現在では昔に比べて育毛剤の種類も増...

若い頃は太くてコシのある髪の毛だったのにいつの間にか細くなり弱々しい髪の毛になってしまったと悩みを訴える方は多いです。髪の毛の太さは親からの...

▲染色体による遺伝との因果関係 上へ戻る

染色体による遺伝との因果関係 先頭へ戻る