抗酸化作用のある植物性オイルで加齢臭対策

抗酸化作用

加齢臭対策としては、抗酸化作用のある食品を摂っていくことが重要だと言えます。

 

抗酸化作用のある食品を摂るのと同時に行っていきたいのが、脂質を控えた食事にしていくと言うことがあります。

 

しかし、健康な身体を作っていくにはある程度の油脂を摂ることは必要になってきます。そこで、必要な油脂を摂るにはどうすれば良いのかと良いのかを考えてみましょう。

 

加齢臭を抑えることを考えると、やはり動物性の脂肪は避けておいた方が良いと言えます。何故かと言いますと、動物性の脂肪は簡単に酸化してしまうからです。

 

また、コレステロールをためやすくなるといった特徴ももっていることもあり、加齢臭の対策だけはなく、健康面でも動物性の脂肪を避けるのは重要だと言えます。

 

では、どのような油脂を摂ると良いのかと言いますと、植物性のオイルを摂るようにすると良いですね。

 

特にオリーブオイルやグレープシードオイルには、抗酸化作用のあるビタミンEを多く含んでいるといった特徴があります。

 

つまり、こうした植物性のオイルを利用することによって加齢臭の対策とすることが出来るのです。オリーブオイルなどは幅広い料理に使えるものですので、調理をするのにもそう困ることはありません。

 

食材そのものに関しては、肉食を減らして野菜中心の和食を食べるようにしていくと良いでしょう。特に、緑黄色野菜など色の濃い野菜にはビタミンCなどが多く含まれているのでオススメの食品になります。

 

他にも、果物などを食べるようにして積極的に抗酸化作用のあるビタミンを摂取していくと良いですね。

 

具体的な食材で言いますと、野菜なら緑黄色野菜となり、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜、などがあります。

 

オリーブオイルと合わせてパスタなどにも使いやすい野菜だと言えますね。

 

植物性のオイルをメインにして、自分でドレッシングを使ってサラダにして食べるのも美味しくいただく方法の1つです。

 

また、果物ですと、イチゴ、レモン、リンゴ、ブルーベリーなどがありますので、これらは生でそのまま食べると良いでしょう。

▲抗酸化作用のある植物性オイルで加齢臭対策 上へ戻る
抗酸化作用のある植物性オイルで加齢臭対策 先頭へ戻る