加齢臭の対策として香水を使う場合には?

香水

女性の方が男性の臭いを不快に思う中で、加齢臭をごまかすのに香水を使用しているケースがあります。

 

特に脇や背中などの場所は加齢臭の臭いがきつくなりがちな場所でもあるので、香水と加齢臭、体臭などがまじってしまってかなりの悪臭になってしまうことも少なくありません。

 

また、加齢臭を気にするあまり香水をつけすぎてしまっているようなケースも悪臭ととられやすいケースだと言えます。折角、お気に入りの香水を使っても逆効果になってしまうことが多いので、香水を使う時には注意しておくと良いですね。

 

加齢臭対策として香水を使いたいと言うのであれば、先ずは香水を使う前に消臭スプレーなどによって体臭や加齢臭を一時的に消してから使うようにしましょう。この時のポイントとしてはあくまでもうっすらと香る程度に香水をつけることです。

 

消臭スプレーの効果は永続的なものではありませんので、時間の経過とともに効果が薄れてきますので、その時に香水と加齢臭がまざってしまって悪臭となるのを防ぐためです。

 

古くから香水は体臭をごまかす為に用いられてきていましたが、残念ながら消臭の効果はないと言うことだけは留意しておくと良いでしょう。

 

体臭が気になる気持ちはわかりますが、加齢臭対策としては先ずしっかりと消臭対策を行っていくことを念頭にケアをしていくと良いですね。

▲加齢臭の対策として香水を使う場合には? 上へ戻る
加齢臭の対策として香水を使う場合には? 先頭へ戻る