皮脂の酸化で体臭が出やすい?の情報ページ

皮脂の酸化で体臭が出やすい?

皮脂の酸化

最近、身体の臭いが気になると言うような方も多いかもしれません。

 

体臭とは自分の臭いだけあって、なかなか自分では気がつかないものですので、家族などに指摘されたことによって初めて気がつくと言う方も少なくありません。

 

さて、こうした体臭ですが、どうして発生してしまうのかと言いますと、主な原因としては皮膚の表面に存在している雑菌が汗や皮脂などを分解したり、酸化することによって、発生したガスによるものだと言われています。

 

つまり、汗をかきやすい夏場などは雑菌が繁殖しやすい環境となってしまって臭いがきつくなってしまいがちなのです。

 

また、冬場でもブーツを履くことが多い方の場合は、ブーツの中で足が蒸れてしまって雑菌が繁殖しやすい環境を作っているから、臭いがきつくなってしまうのです。

 

皮膚には皮脂を分泌する皮脂腺と汗を分泌する汗腺があります。

 

ニキビの原因になったりと何かと嫌われてしまいがちな皮脂には、皮膚に潤いを与えて保護するといった機能があります。

 

また、汗腺には2種類あり、1つは通常の汗を出すエクリン汗腺と言う汗腺で、もう1つは通常の汗とは異なる汗を分泌するアポクリン汗腺です。

かゆみにはいくつかの原因に分類されます。1つは『じんましん』です。これは、突然肌の一部がやゆみとともに赤くなって盛り上がり、しばらくすると収...

プンプン加齢臭が香り始めると、加齢臭のケアをしようと石鹸などを使用したりすることもあるかもしれません。加齢臭の対策には香水などがありますが、...

加齢臭の原因とされるノネナール。このノネナールと言うのは、いったいどんな物質なのでしょうか?ノネナールと言う臭いの原因物質は、皮脂が酸化した...

ちなみに加齢臭と言うと男性特有の悩みと言われていますが、女性の場合も加齢臭は発生することになります。女性の場合、女性ホルモンの分泌と密接な関...

足が臭くなりやすいのは夏だと思っている人も多いかもしれませんが、実は冬の方が足は臭くなってしまいやすいのです。何故かと言いますと、冬になるこ...

人間の体を構成している細胞には必ず寿命があり、もちろん髪の毛にも寿命があります。 生まれた時から同じ髪の毛が生えているということはなく、1本...

▲皮脂の酸化で体臭が出やすい? 上へ戻る

皮脂の酸化で体臭が出やすい? 先頭へ戻る