ヘアサイクルの成長期〜休止期の情報ページ

ヘアサイクルの成長期〜休止期

ヘアサイクルの成長期

成長期になると、毛母細胞は毛乳頭から栄養を吸収して分裂が盛んになり、髪の毛が形成されて成長を始めます。

 

毛穴の奥にある毛母細胞が分裂を繰り返すことで、髪の毛が形成され伸びていき、それが毛穴から表皮に出ていきます。

 

そして、成長期が続く限り伸び続けるので、髪の毛はどんどん伸びていくのです。

 

成長期の髪の毛は、全体の約80%を占めています。この成長期が終わると退行期になり、毛母細胞は毛乳頭と分離するため、栄養の吸収もストップして分裂回数が減少していきます。

 

それと同時に毛根が縮小して、深い部分から頭皮の浅い部分へと移動を始めます。

 

ですので、退行期の髪の毛の中には、抜け始めるものも出てくるようになります。

 

この退行期が始まっている髪の毛は、全体の約1%となっています。そして、毛母細胞の働きが完全に止まると休止期になります。

 

休止期になる頃には、毛根も頭皮の表面に近い部分まで上がってきているので、自然と髪の毛が抜け落ちていきます。

 

ブラッシングの時に抜けたり、いつのまにか床や枕に落ちている髪の毛は、退行期や休止期の髪の毛になります。

 

髪の毛は、このようなヘアサイクルが繰り返されているので、1日に100本程度なら抜ける髪の毛があっても心配はいりません。

かゆみにはいくつかの原因に分類されます。1つは『じんましん』です。これは、突然肌の一部がやゆみとともに赤くなって盛り上がり、しばらくすると収...

プンプン加齢臭が香り始めると、加齢臭のケアをしようと石鹸などを使用したりすることもあるかもしれません。加齢臭の対策には香水などがありますが、...

加齢臭の原因とされるノネナール。このノネナールと言うのは、いったいどんな物質なのでしょうか?ノネナールと言う臭いの原因物質は、皮脂が酸化した...

ちなみに加齢臭と言うと男性特有の悩みと言われていますが、女性の場合も加齢臭は発生することになります。女性の場合、女性ホルモンの分泌と密接な関...

足が臭くなりやすいのは夏だと思っている人も多いかもしれませんが、実は冬の方が足は臭くなってしまいやすいのです。何故かと言いますと、冬になるこ...

人間の体を構成している細胞には必ず寿命があり、もちろん髪の毛にも寿命があります。 生まれた時から同じ髪の毛が生えているということはなく、1本...

▲ヘアサイクルの成長期〜休止期 上へ戻る

ヘアサイクルの成長期〜休止期 先頭へ戻る