皮脂が酸化で体臭になりやすいメカニズム

皮脂が酸化

これらの汗腺から分泌された汗や皮脂、皮膚の垢などが皮膚に棲んでいる常在菌によって、分解されたり、酸化したりすることによって臭いの元になる成分ができてしまいます。

 

これまでに体臭のもとになる成分は数百種類以上確認されており、多くの体臭にも様々な臭いがあると言えます。

 

一般的に加齢臭と呼ばれている臭いの原因は脂質が酸化することにあるとされており、脂質の酸化を防ぐことが加齢臭対策の1つだと言えます。

 

皮脂が酸化することで体臭に変化が生じることは知られており、特に30代の男性は加齢臭とはまた異なる独特の体臭になるとも言われています。

 

こうした皮脂の酸化による体臭を防ぐには、皮脂の分泌を抑制するようにしておくと良いですので、入浴後に保湿剤などを使うようにすると良いですね。

 

肌を乾燥させてしまうことで皮脂が分泌されてしまいますので、皮脂を落とそうとして身体をゴシゴシ洗ってしまうのは逆効果だと言えます。

▲皮脂が酸化で体臭になりやすいメカニズム 上へ戻る
皮脂が酸化で体臭になりやすいメカニズム 先頭へ戻る