ノネナールとはどのようなものなの?

ノネナール

加齢臭の原因とされるノネナール。このノネナールと言うのは、いったいどんな物質なのでしょうか?

 

ノネナールと言う臭いの原因物質は、皮脂が酸化したり、分解されることによって発生すると言われています。

 

人間の身体にとって皮脂はとても重要な役割を持っていると言えます。

 

最近が皮膚から浸入するのを防いだり、紫外線などの外的な刺激から皮膚を守ったり、皮膚の潤いを保ったりと様々な機能があります。

 

ニキビの原因となるなど何かと嫌われてしまいがちな皮脂ですが、大切な働きがあると言うことは覚えておきましょう。

 

この皮脂なのですが、年齢を重ねていくことによって皮脂の中には9ーヘキサデセン酸と言う脂肪酸が含まれていくことになります。

 

それとともに年齢を重ねていくことによって、活性酸素の働きを抑制する力も弱まっていきます。

 

この9-ヘキサデセン酸が活性酸素によって酸化されてしまって、常在菌によって分解されることで、ノネナールと言う物質が作られてしまいます。つまり、加齢臭とは身体が老化してしまうことによって発生するものだと考えて良いでしょう。結果、中高年となって身体が衰えてくるのと同時に加齢臭が発生することになってしまいます。

▲ノネナールとはどのようなものなの? 上へ戻る
ノネナールとはどのようなものなの? 先頭へ戻る