肌のかゆみから守るには、1番上の角質層のケアもしよう

肌のかゆみ

本来なら、肌の1番上の角質層がバリアになってくれるのですが、乾燥によって、すき間ができ、中の水分が蒸発するため、刺激を受けやすくなり、かゆみを感じるのです。

 

皮脂欠乏症湿疹を治すには、保湿薬である「ステロイド外用薬」などの塗り薬を使いますが、さすがに顔に塗るには刺激が強いため、保湿できる化粧品で、できるだけ乾燥しないように、バリアをはることが重要になります。

 

今は、保湿効果の高い化粧品が多く、自分に合ったものを見つけて、根気よくケアしていくことが大切です。肌のかゆみがあるときは、かきむしってしまうと化粧品などを使用した時にどんなに低刺激でも痛みが出やすかったりします。

 

またアトピーの方でもセラミド不足という面があるので、超乾燥肌の方もそうですが、セラミドが配合された化粧品を使用していくのが効果的でしょう。

 

肌のかゆみが気になる方は、冬の間はスキンケア以外でもボディケアとして入浴剤などを使用していくのをおすすめします。入浴剤でも遠赤外線効果のあるタイプではなく、保湿するような成分が配合されている無添加の入浴剤が配合されているのを選ぶとよいでしょう。

 

乾燥からしっかり肌のかゆみを守る化粧品としては、保湿成分でも刺激が少ない化粧品を使用していくことと保湿が持続する化粧品を使用していくと効果的です。そうすることで一番上の角質層のケアも行えるので魅力です。肌のかゆみがある場合には化粧品でも無添加の製品が魅力ですし、かゆみがあるので、化粧品を購入する際もトライアルセットからにしていくとよいでしょう。

▲肌のかゆみから守るには、1番上の角質層のケアもしよう 上へ戻る
肌のかゆみから守るには、1番上の角質層のケアもしよう 先頭へ戻る