足が臭くなる原因は?

足が臭く

足が臭くなりやすいのは夏だと思っている人も多いかもしれませんが、実は冬の方が足は臭くなってしまいやすいのです。

 

何故かと言いますと、冬になることで特に女性の場合はロングブーツなどを履く機会が増えるからです。

 

ビジネスマンにしても革靴だからと言って安心することは出来ません。

 

冬場に防寒対策にと厚手の靴下を履いてしまうことによって、靴の中で足が蒸れてしまうといった経験をした人も多いでしょう。

 

ここでは足が臭くなってしまう理由について考えてみましょう。

 

足が臭くなってしまう理由とは、端的に書いてしまうと、汗をかいてしまうからです。体臭と同じ仕組みで、汗をかいてしまうことによって常在菌が繁殖してしまって、常在菌が皮脂や足の角質などを分解することで臭いを発してしまいます。

 

特に足の裏は汗腺が集中している場所でもあり、身体の中でも汗を沢山かく場所なのです。その量は、1日におよそコップ1杯半とも言われており、かなりの量の汗をかくことが解ります。また、足の裏は角質層が厚いことから、古い角質層が残ってしまいがちでもあり、常在菌のエサが豊富な場所であると言っても良いでしょう。

 

こうした足の状態に、さらに密閉度の高いブーツを履いてしまったり、厚手の靴下を履いてしまうことで、足が蒸れやすくなってしまって常在菌を繁殖しやすい場所となってしまうのです。

▲足が臭くなる原因は? 上へ戻る
足が臭くなる原因は? 先頭へ戻る