ワキガの原因であるアポクリン汗腺の情報ページ

ワキガの原因であるアポクリン汗腺

アポクリン汗腺

ワキガの原因とも言えるアポクリン汗腺ですが、こちらは特定の部位に集中して存在している汗腺で、一般的に毛深い場所である陰部やへその周囲、耳の中、脇の下などに集中して存在しています。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗は、乳白色をしており、ネバネバとして粘性があります。

 

これは脂肪やたんぱく質などの成分を含んでいるからであり、この脂肪やたんぱく質が常在菌によって分解されることで、ワキガ独特の腐敗臭がするとされています。

 

ワキガの対策としては様々なものがありますが、大きく分けると自分で対策をするセルフケアと病院などで手術を行う方法の2つに分けることが出来ます。

 

セルフケアを幾つか紹介しておきますと、脇にかいた汗をこまめに拭き取って清潔な状態を保つようにすること、汗を抑える制汗剤を使ったり、消臭剤を使って臭いを消してしまうことなどがあります。

 

ワキガの場合で注意しておきたいのは、香水やオーデコロンなど他の香りで隠そうとしないことです。強いワキガの場合ですと、香水の香りとワキガの香りがまざってしまって、さらなる悪臭となってしまうからです。

かゆみにはいくつかの原因に分類されます。1つは『じんましん』です。これは、突然肌の一部がやゆみとともに赤くなって盛り上がり、しばらくすると収...

プンプン加齢臭が香り始めると、加齢臭のケアをしようと石鹸などを使用したりすることもあるかもしれません。加齢臭の対策には香水などがありますが、...

ちなみに加齢臭と言うと男性特有の悩みと言われていますが、女性の場合も加齢臭は発生することになります。女性の場合、女性ホルモンの分泌と密接な関...

足が臭くなりやすいのは夏だと思っている人も多いかもしれませんが、実は冬の方が足は臭くなってしまいやすいのです。何故かと言いますと、冬になるこ...

人間の体を構成している細胞には必ず寿命があり、もちろん髪の毛にも寿命があります。 生まれた時から同じ髪の毛が生えているということはなく、1本...

▲ワキガの原因であるアポクリン汗腺 上へ戻る

ワキガの原因であるアポクリン汗腺 先頭へ戻る